99%の失敗するプレスリリースに欠けているのは「◯◯」だ!

ringo_shin

「ウチのこの新商品、テレビで紹介してください!」と、

プレスリリースを提案されているときの【テレビマンの本音】って知ってますか?

 

これがわかってないと、

テレビ取材を成功させることは極めて難しいです。

逆に言えば、それさえ理解できれば、

 

 

テレビマンの心にグッと近づくことができ、

一気にテレビ・マスコミ取材獲得の成功率が格段に上がるわけですが、

では、そのテレビマンの本音ってな何なのか?

 

 

プレスリリースを提案されているときの、

テレビマンの心の中の本音は・・・、

 

 

「で、なんでここ10日間ほどロケやら編集やらで家に帰る時間すらないオレが、

寝る間も惜しんで企画書作って、撮影して、編集して、放送して、

あなたの宣伝をしなきゃいけないの?

 

 

ってことです。

 

「そんなにテレビで紹介してほしければ、

お金払ってCM出せばいいじゃん。」

 

 

ってことです。

 

 

厳しいようですが、

これが現実なのでしかたありません。

 

もし今後あなたがテレビマンにPRをして、

テレビで取り上げてほしいと思っているのなら、

必ずこのツッコミに答えられなくてはいけないです。

 

 

私がテレビマン時代も、

毎日たくさんの企業さんがプレスリリースを持ってきて、

「これをぜひ取材してくれませんか?」と提案に訪れてきました。

 

年間で1000人くらいは提案に来ていたでしょう。

 

しかし、

そのほとんどは残念ながらお断りをせざるをえませんでした。

 

 

それは、なぜか?

 

それは、

ほとんどのプレスリリースには、

ある大事なことが欠けていたからです。

 

 

テレビ取材されないプレスリリースの99%は、

共通してある大切なことが欠けています。

 

 

それは何か?

 

 

それは、

 

『取材をする理由』

 

です。

 

 

つまり、

「なんでここ10日間ほどロケやら編集やらで家に帰る時間すらないオレが、

寝る間も惜しんで企画書作って、撮影して、編集して、放送して、

これをテレビで紹介しなくてはいけないのか?

 

 

この問いに対する答えこそが、

『取材をする理由』です。

 

 

99%のプレスリリースは、

「テレビが取材をしなくてはいけない理由」がないんですよね。

 

なぜなら、

ただの宣伝目的だからです。

 

しかし、

テレビ番組には、

ある「放送のルール」があります。

 

それは、

「テレビの放送内容は、特定の企業の宣伝になってはいけない。」

というルールです。

 

まぁ当然、取り上げられれば結果としては、

莫大な宣伝効果を生み出すことになるのですが、

だからこそ、

公共のマスメディアという立場上、

特定の企業の宣伝にならないように最新の注意を払いながらネタを選定しテレビ放送しているのです。

 

そこで最も大切になってくるのが、

「なぜ、これをテレビで紹介する必要があるのか?」

という「取材をする理由」なのです。

 

 

では、どういうプレスリリースを作れば、

「テレビが取材をする理由」をクリアすることができるのか?っていうことですが、

このあたりは説明がとっても長くなってしまいますので、

また今度お伝えしますね!

 

 

★無料でテレビで取り上げてほしい場合はコチラ

【テレビ取材獲得PRメール講座】

⇒ http://www.digi-lab.co.jp/pr_kouza/

 

★無料テレビに出る方法が2時間の動画でわかる

【テレビ取材獲得セミナー動画(ベーシックコース)】

⇒ http://digi-lab.co.jp/seminar/basic/

 

 

〈〈  《映画「君の名は」何回見ても30分が限界だった件》

〉〉《プレスリリースのタイトルで絶対入れてはいけない「◯◯」》

無料メール講座

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*