テレビ取材獲得で成功する人

lgi01a201412250700

テレビ取材獲得に成功する人がいれば、

残念ながら失敗してしまう人もいます。

 

私は仕事がらどちらもたくさん見てきましたが、

その違いは何なのでしょうか?

 

要因はたくさんあるのですが、

ハッキリわかっていることは、

 

「他人まかせ」かどうか?

 

これが、

最も大きなポイントです。

 

まず、

「PRやってるんですけど、

なかなか成果が出ないんですよねぇ」

と悩んでいる人は、

「ほぼすべて他人まかせ」の場合が多いです。

 

プレスリリース作成からアプローチまで、

すべて代行会社に全フリだったり、

プレスリリースの作成を誰か(他社)に依頼したり。

あるいは、

自社でやっていたとしても、

サービスや商品をよく理解していない新人に書かせたり。

 

こういう「他人まかせ」の活動は、

高確率で失敗します。

 

逆に、

テレビ露出に成功しやすい人は、

「すべて自分でやる人」です。

 

ここで言う「自分」っていうのは、

その商品、サービス、会社など、

つまり「テレビで取り上げてほしいもの」に関して

“一番詳しい人”あるいは、

“情熱を持っている人”ということです。

 

テレビマンは、

提案された内容ももちろんですが、

提案した人(会社)の情熱・本気さも見ています。

 

それが他人まかせで書かれたプレスリリースで、

無関係の人が代わりに提案していたらどうでしょう?

 

 

ラブレターを他人に書いてもらって、

他人に渡しに行かせるようなものです。

 

 

プレスリリースなんて、

分量にしたら、

A4用紙1〜2枚で十分です。

 

必要な情報が入っていることが重要なのであって、

そこをプロのライターが書いたところで、

内容は対して変わらないです。

 

だって僕がテレビ番組作ってたときに

代行で作られたプレスリリースがたくさん届いてましたが、

どれもヒドかったですもん。

 

それよりも、

「他人まかせ」でのデメリットのほうが遥かに大きいです。

 

 

それぞれのメリットとデメリットを

ざくっと、まとめてみます。

 

 

(自分でやるメリット)

・商品やサービスに詳しいから、ウリや特徴をしっかり書くことができる。

・テレビ側の質問に対して臨機応変に答えることができる。

・情熱が伝わる。

 

(自分でやるデメリット)

・少し手間がかかる。

 

 

(他人まかせのメリット)

・楽。

 

(他人まかせのデメリット)

・情報が薄くなってしまう。

・テレビマンからの印象が悪い。

・テレビマンからの質問に即答できない。

(「ちょっと確認してみます・・」みたいな。ちなみにこれ、一番印象悪いです。)

・数十万円〜数百万円規模のお金がかかる。

・「PR案件」というくくりにされ、採用されにくくなる。

 

 

ざっくりあげると、

こんな感じです。

 

わかりますか?

 

もしあなたが、

「なかなかテレビで取り上げられない・・」

と悩んでいるとしたら、

ひょっとしたら、

他人まかせにしてしまっていませんか?

 

テレビって言うと、

「自分なんかの提案じゃ取り上げてくれないんじゃ・・?」

って勘違いしてしまっている人がけっこう多いのですが、

まったく逆なんです。

 

 

◆ 今すぐ「嵜本(さきもと)に
お願いしてテレビに出たい!」
という場合は・・・

コチラからメールにて資料請求してください。弊社のサービスプラン資料をご案内いたします。
⇒ http://digi-lab.co.jp/contact/

 

「なるべくお金をかけずに自力でテレビに出たい!」

という場合は・・・

コチラで必要な動画と資料がすべて手に入ります。
⇒ http://digi-lab.co.jp/seminar/master/

 

 

〈〈  《テレビからのお客は“質が高い”ワケ》

〉〉《テレビに狙って出る方法(基本)》

無料メール講座

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*